com.sabaji.format
クラス Format

java.lang.Object
  |
  +--com.sabaji.format.Format

public class Format
extends java.lang.Object

C言語における関数 printf / sprintf を Javaにて実現するクラスです。
このクラスは静的関数 printf / sprintf のみアクセス可能です。


メソッドの概要
static void printf(jString format, Params params)
          フォーマットされた文字列を標準出力に出力します
static String sprintf(String format, Params params)
          フォーマットされた文字列を返します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

メソッドの詳細

sprintf

public static String sprintf(String format,
                                       Params params)
フォーマットされた文字列を返します。
パラメータ:
format - フォーマット文字列

指定できる型を以下に示します。
 
%d 数値変数の10進展開
%nd 数値変数の桁数n指定の10進展開 (足りない所はスペースが入る)
%-nd 数値変数の桁数n指定の左詰め10進展開 (足りない所は左に詰まる)
%0nd 数値変数の桁数n指定の10進展開 (足りない所は "0"が入る)
%+d 数値変数の符号付き10進展開 (頭に"+"もしくは"-"がつきます)
%x 数値変数の16進展開
%nx 数値変数の桁数n指定の16進展開 (足りない所はスペースが入る)
%0nx 数値変数の桁数n指定の16進展開 (足りない所は "0" が入る)
%#x

数値変数の16進展開 (頭に"0x"が入る)

%s 文字列変数の展開
%ns 文字列変数の桁数n指定展開
%f 数値変数(小数点付き)の10進展開
%n.mf 数値変数(小数点付き)の10進展開で nは少数点含む全体の結果文字長を、
m
は少数点以下の桁数を指定します

params - フォーマット時に必要とされる数値や文字列を格納したクラス
戻り値:
フォーマットされた文字列
関連項目:
Params

printf

public static void printf(String format,
                          Params params)
フォーマットされた文字列を標準出力に出力します
パラメータ:
format - フォーマット文字列 (sprintfの説明をご覧ください)
params - フォーマット時に必要とされる数値や文字列を格納したクラス (sprintfの説明をご覧ください)
関連項目:
sprintf